えっ、その年でデザイナーなの?

おっさんがデザインとイラストにがんばるブログ

「LINE@」を試そうにも格安SIM(MVNO)のせいで年齢認証エラーになる場合の解決法(docomoガラケーと2台持ち)

LINE@(ラインアット)が一般にも公開されて、個人でも法人でも自由に利用できるようになりました。 無料から始められますし、ビジネスの販促にも使えそうなので、早速Android端末(ASUS Zenfone5)に LINE@App (LINEat) - Google Play の Android アプリをインストールしました。

私は、docomoガラケー(タイプSSバリュープランで通話専用)とDMM mobile(データSIMプラン660円/月)入りのZenfone5の2台持ちです。

Zenfone5でLINEは使えていましたし、docomo IDもガラケーも持っていたので、LINE@もすぐ使えるものと思ったら、年齢認証でひっかかり先に進めなくなりました。

f:id:satotaka99:20150215151738j:plain

LINE@の利用規約に同意、ガイドラインを読んで「次へ」をタップ。

f:id:satotaka99:20150215151810j:plain

LINEで登録したメールアドレスとパスワードを慎重に入力して「ログイン」タップ。

f:id:satotaka99:20150215151823j:plain

新しいLINE@アカウントが作れそう!

f:id:satotaka99:20150215151840j:plain

DMM mobileもdocomo回線を使っているから、docomodocomo IDで年齢確認するのね、ふむ。別のガラケーになるけど、docomoの回線契約もありますよん。

docomo IDとパスワードを入力してと…あらら?

何度やっても「正常に処理できませんでした。」というエラーが出て、年齢確認をパスできません。

仕方なく「LINE MVNO 年齢認証 エラー」でググってみると、どうやらspモード契約が必要ということがわかりました。

MVNOユーザーに立ちはだかるLINEの年齢認証突破方法

素直にMy docomoにアクセスして、spモードを契約。NAVERまとめに書いてあった通り、「spモード(iモード契約可)」を選んで、iモードを継続したままspモードを申し込みました。月額使用料324円(税込み)がかかるようです。一度認証を通せば後は問題ないように思いますので、月末には解約して、またただのiモード契約に戻すつもりです。

f:id:satotaka99:20150215152011j:plain

このオレンジで囲った部分のリンクから、申込み。

f:id:satotaka99:20150215152027j:plain

もちろん18歳以上をクリック。

f:id:satotaka99:20150215152043j:plain

「実行」ボタンをクリック。

念のためZenfone5の「設定」>「アプリ」>「LINE@」で「データを消去」してから、再度、LINE@アプリでLINE@アカウント作り…。

f:id:satotaka99:20150215152224j:plain

ついに年齢認証へのリンクが見えました…

f:id:satotaka99:20150215152234j:plain

今度はスムーズにdocomoIDの年齢判定をパスして、無事にLINE@アカウントを作ることができました。

f:id:satotaka99:20150215160616j:plain

f:id:satotaka99:20150215153401j:plain