えっ、その年でデザイナーなの?

おっさんがデザインとイラストにがんばるブログ

映画「アメリカン・ヒストリーX」のエドワード・ノートン似顔絵

先日、レンタルのブルーレイで映画「アメリカン・ヒストリーX」を観た。10年くらい前に一度観て二回目。

白人至上主義というかネオナチに傾倒する兄弟のお話なのだが、兄にエドワード・ノートン、弟にエドワード・ファーロングという両エドワードのキレッキレの演技がとにかく圧倒的。

ノートンの方は、「ファイト・クラブ」でのナヨッとした雰囲気の「僕」と同一人物とは到底思えないビルドアップぶりがまずスゴい。 頭イカレちゃってる演技も真に迫っていてほんとコワい、どこかの号泣県議よりコワい。
弟のファーロングは、高校球児みたいな坊主頭ながらまだ太っておらず「ターミネーター2」での美少年っぽさを残しながら、お兄ちゃん大好きなアホの子を見事に演じていた。

自分の「怒り」をなかったことにするわけにもいかないけど、「憎しみ」を持ち続けるのもダメだよねぇ〜、という感想。

f:id:satotaka99:20140708234523p:plain

アメリカン・ヒストリーX [Blu-ray]

アメリカン・ヒストリーX [Blu-ray]