読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えっ、その年でデザイナーなの?

おっさんがデザインとイラストにがんばるブログ

気づいたら辛いカレーが食べられるようになっていたムスメの巻

f:id:satotaka99:20130820124423j:plain

カレーを食べているときに、うちのJCが「国語の教科書にカレーライスって話があったよ」と、あらすじを教えてくれました。

共働き夫婦の一人息子が、お父さんにゲームのことで怒られてヘソを曲げ、雰囲気が悪くなったときに「お父さんウィーク」に突入してしまう。このウィークは仕事かなにかで不在になってしまう母親の代わりに父が早く帰ってきて晩ご飯を作る一週間なのですね。で、お父さんが作るのは、決まって甘口のカレー。

ウィーク初日は仲が悪いままだったけれど、翌日はお父さんが体調を悪くして早く帰ってきて、謝りたいとおもっていた息子がカレーを作ってあげる。そのとき初めてお父さんは、息子がもう甘口ではなくて中辛の方が好きになっていたことを知るという話だそうです。

子どもを奥さんに任せきりで、仕事ばかりしていたお父さんは、息子の成長に気づけなかったということでしょうか。なかなかいい話だと思いました。

買ってきたカレーは新しい商品のようで、ハウスの「炒めて香るカリーソース」<チキンマサラカリーの素>というやつでした。お肉と野菜を炒めて、ソースを追加するだけですぐ作れ、かつおいしい。ソースは278円で、具材を増やせば2回は食べられる(3人家族、小盛りでおかわりなしの場合)のでコスト的にも悪くないのではないでしょうか。