えっ、その年でデザイナーなの?

おっさんがデザインとイラストにがんばるブログ

ワープロ、写植&版下台紙からDTPへ

f:id:satotaka99:20130812110512p:plain

ワープロはたしか東芝のRupoでした。
紙焼き機というのは、ロゴの清刷り(ロゴマークがきれいに印刷された紙)や写植文字を印画紙に焼き付けて等倍で複製したり、拡大縮小したりできる機械です。暗室にこもって作業するため、夏場は暑くて大変でした。
ATMというのはAdobe Type Managerで、アドビシステムズ社製のフォントの表示や管理をするソフト(機能拡張)です。Macのコントロールパネルに入っていました。ATMのバージョンによってフォントの表示がおかしくなったりして、苦労したことがあります。懐かしいですね。

スイッチの鷹野雅弘さんのスライドが素晴らしいので貼っておきます。

MORISAWA PASSPORT ONE

MORISAWA PASSPORT ONE